投稿

サッサとやめちまえ!追い詰められる前に考えるべきこと

やあオマエ。俺だ。 この記事は俺の魂だ。

そしてオマエのための記事だ。

オマエに届けるために俺は今日も綴る。

サッサとやめちまえ 2 121017

頑張らないといけない…。自分がやらなければいけない…。そんな風に自分を追い詰めてはいないだろうか?やらなければいけない事にまみれて、激しい重圧に耐えかねてはいないだろうか?

普通に生きてるだけでも膨大な情報が入ってくる今の時代、日常生活と仕事の両面で捌かなくてはならない事がドンドン増えている。しかしそれに気づかずに『自分はできないヤツ』とレッテルを貼ってしまうというのは良く見受けられるパターンだ。

特にライフハック、仕事術、自己啓発などのビジネス本やそれを薦める社会的風潮が「働け!働け!」と追い詰めている。その対象はとりわけ真面目で夢を持った若者が多いように思う。

しかしそれはホントにオマエがやらにゃならん事なのか?

|

やめると言う選択肢

マジメで頑張っている人ほど色んな事を抱え込みがちだ。責任感が強い=最後まで頑張る=終わる前に仕事が増えるという罠にハマってないか自分の行いを振り返ってみてくれ。どうだろう?

ハッキリ言ってオマエがいなくても社会は回る。もちろん俺がいなくてもだ。ある日忽然と居なくなったところで困る人はそんなにいない。どれほどの仕事を抱えていようが、その歪みの大きさは数日で消える程度のものだ。

もし自分がいなければ仕事が、会社が、社会が回らないなんて思っているのなら自意識過剰も良い所だ。逆にホントに必要とされていて、欠かせない存在ならばこんなブログに立ち止まっている場合じゃ無い。今すぐブラウザを閉じて駆けだせばいい。それほどオマエは優秀なのだから。

この記事に目を止めたのであれば、きっとオマエは特別優秀な人間じゃないのだろう。救いの手が欲しいからここに来たはずだ。そこを良く自覚する事がとても大事だ。

そして逆にオマエがいないとホントに困る人もいるという事を忘れてはいけない。家族や親友、身近な人はいつもあなたの事を心配している。オマエも同じように居て欲しいと強く願う誰かがいるだろう。

仕事はオマエを必要としないが、人の魂は互いに繋がり切り離せるものではない。そこを間違えてはいけないのだ。

今一度、胸に手を当てて考えてみてくれ。

オマエにとって目の前のやるべき事は、やめるべき事では無いのか?

本当に大切な者のために、それは続けるべきことなのか?

|

やめるべき事を潔く手放すコツ

やめるべき事に気がつくことができただろうか?それならもはや振り返る必要は無い。思い切ってソイツをポポイのポイのポイのポイのポ〜〜〜〜イ!!…捨てられないのか?

ここまで来たら潔く捨ててしまおうぜ。そしたらスッキリするぜ?そのためのコツを幾つか紹介しよう。

|

1:オマエの大切なモノを優先し、他人を優先しない。

まず優先すべきはオマエの魂だ。オマエの魂はなんと言ってる?胸に手を当てて聞いてみろ。大切なモノが分かるはずだ。それは良く分からない他人の願望より輝いてるだろ?迷うことは無い。是が非でも優先しろ。

2:やることを1増やす時、1減らす。

オマエのキャパシティは思ったより少ない事を良く自覚しろ。余裕のあるうちから増えた分だけ優先順位の低い物を手放すんだ。エレベーターも重量オーバーになったら誰かが降りるしか無い。1ℓのビーカーに注げる水は1ℓが限度だ。それ以上は溢れてこぼれていく。オマエの『やれる事ポケット』も容量が決まってるんだぜ?

3:プライドを捨てて、他人に任せる。

責任感が強いオマエほど「自分ならできる」と思いがちだ。自分の身の程を知って、素直に誰かに任せてしまえ。自分がやった方がクォリティが高いだって?そんなクォリティを誰が求めてるんだ?思いの外、誰がやっても必要充分な状態になるもんだと知れ。それにオマエが壊れるよりよっぽどマシだろ?

|

以上の3つをまずは参考にして欲しい。オマエの重圧を少しでも軽く出来るはずだ。オマエがそんなに色んな物を背負い込む必要は無い。

自分を取り巻く全てのモノはオマエを不幸にするために存在していない。沢山のライフハック、仕事術、自己啓発といったものは、少なくともオマエの生活を改善し幸せに生きるために生まれたはずだ。

オマエは生きる限り幸せであるべきだと俺は思う。その努力は、するに足る事のはずだ。

辛い思いをするより毎日を楽しくする工夫をしよう。それが本当の意味でライフをハックしているって事だぜ。


唯一つの道を行け!俺の道は俺の道、オマエの道はオマエの道。

唯一つの道を行け バナー2 121004

自分で事業を興そうとしているこの頃、特に気になり始めたのが社会システムのひずみだ。

どうも従来のシステムは「みんなが同じ事をやる」ためのシステムで、特に教育と会社組織というものはその様にできている。

学校では右に習えで同じ場所、時間、方法で同じ事を習い、同じ解法で同じ答えを出す。社会に出れば同じような会社に入り社員みんなで同じ事を繰り返し、同じ物差しで測られる。こんなやり方絶対無理がある。

そりゃー今まで沢山作れば沢山売れる時代だっただろうし、そうなれば大体同じような人間を育成した方が効率が良い訳で、社会がそうなるのも頷ける。ただ、「何故その仕組みにしたのか」を忘れてしまったのか、思い出されると不都合な人がいるのか知らないが、今までのやり方を盲目的に引きずりすぎなんじゃないか。

 

個性を活かす時代

俺が勤める会社なんかスゲーその仕組みを引きずってて、デザイナーが営業の真似事して商品を売ってこなきゃいけないノルマがあったり、普段紙を折ってるだけの製本屋が新しい事業の提案を行う会議に参加させられてる。そりゃ無駄もいいところだろ。

全員同じ仕事をやらなきゃフェアじゃ無いなんて絶対あり得ない。むしろ別の仕事やれよバカチクショーと。そりゃーみんな隠れた才能があるかもしれないから、色んな仕事をやってみるのは良いことだけど、それを受け入れる仕組みも作らずに「はいじゃあやってみよう」なんてのは横暴だ。

何につけても仕組みが必要なんだ。個性を活かす仕組みが。

隣の部署のおじさんは普段特にこれといって仕事ができるわけでもなく、というかどちらかと言うとミスの多い人だけど、話を聞いてみればやたらと自転車が好きで、県外のヒルクライムレースに出てる超自転車オタク。

営業のおじさんは、その風貌から考えられないがキノコ採りの名人で秋になると山に登りガッツリとキノコを収穫してはお裾分けをしてくれている。

出産間近の迎えの席の女の子は食べるのが大好きで、色に関する話題は尽きないし、近所の美味しい店を聞けば大体ニーズに合った場所を教えてくれる。

ちょびっと思い浮かべるだけで、こんなにも個性豊かな能力が近くにあるのに何も活かされていない。

「自分たちはサラリーマンだから自分の趣味なんか仕事に活かされる事はない」そんな常識ぶっ壊してやる。そんな事をやりたい。そんな仕組みを作りたい。

 

仕事の常識をぶっ壊す

別に本業一本でメシを食わなきゃいけない訳じゃ無いし、仕事はひとつで無ければいけないわけじゃない。まぁそれなりに仕事の種類が増えるとマネジメントが難しくなるから考える必要はあるけど。

今の世の中みたいにサラリーマンなら本業一本で生きていかなきゃいけないなんて事やめて、秀でた一芸を使って幾つもスモールビジネスを持つ生き方を沢山の人がして欲しい。

既得権益にズブズブの親族経営3代目4代目の会社なんて飛び出して楽しい事もっとやろうぜって思う。

だからそのための仕組みを作れるように、こんな地方でもそんな事ができるように、新しい事業を立ち上げて、そのノウハウをドンドンつぎ込んで面白い町を作ってやる。

 

と熱い闘志をメラメラと燃え上がらせるのであった。

俺は燃やしてる。オマエも燃やそうぜ。

 


研ぎ澄ませ!凡夫が勝つためのたった一つの方法

やあ、俺だ。

今日から俺はブログに魂を込める。燃える熱い魂だ。

それは俺自身だ。宇宙に唯一の炎だ。

俺の声を聞いてくれ。魂の声を聞いてくれ。

お前に届けるために俺はここに綴る。

 

刃になれバナー 02 120913

俺はあれこれやり過ぎるタチだ。

俺だけじゃ無い。けっこーな割合でそういう人がいる。

それじゃー上手くいくはずはないんだ。

なんでもやろうって事は力をひろーくながーく色んな方向に拡げるって事だ。超人的な力があって、拡げたって凄まじいパワーを送り続けられるならいい。しかし俺のような、おまえのような凡夫がそれをできるのか?できるわけがない。

結果、俺もおまえも中途半端に何事も成せずに、何も得ずに力尽きてしまう。そんな馬鹿な事があるか。

イラスト02 イラスト01 イラスト03

 

 

刃になれ。鋭く、美しい、研ぎ澄まされた刃に。

力は何か集中するべきなのだ。

世の中、色んな事を上手にやらないと、みんなに合わせないとハブられる。

だがそんなもんはクソだ。一緒じゃいけないんだ。唯一人の人間になるんだ。変だっていい。不格好だってかまやしない。ただただ、研ぎ澄ます。

ある目的のために追求されたものはなんだって美しい。笑われるもんじゃ無い。

どんな事だっていい。ただ一つの事を追求しろ。その美しい刃はオマエを輝かせる武器になる。

俺は手に入れる。お前も手に入れろ。

 


テメーの手綱はテメーで握れ!自分を支配する3つの方法

支配しろ バナー2 120830

支配するか、支配されるか

今までの自分の人生、自分で選択してきましたか?

学校、仕事、恋愛、結婚、もっと身近なものでいえば身につけている物や普段口にしている食べ物まで、自分で納得して選択してきましたか?

そう確固たる自信を持って言えないのなら、あなたの人生は支配されています。他人の意見や環境、状況や突発的な感情にです。自分の生き方を他人に預けてしまっているのです。

そういう人生を送ってきた人は、上手くいかない事を他人や環境のせいにしたり、無気力に襲われて何も手がつかなかったり、卑屈になって愚痴ばかりこぼします。

かく言う私も度々支配され、正にアンコントローラブルな状態に陥ります。メーデーメーデー。

それでも最近はかなり改善され、「あ、今ちゃんと自分をコントロールできてるな」と感じることが増えました。そのための方法を改めて振り返ってみたいと思います。

 

コントロールする事に慣れる

他人の意見や環境に左右されず、理性や自分の望む自分に従いましょう。

しかしいきなり全て支配するのは無謀です。跳び箱も飛べない人がオリンピックに挑むくらい無謀な試みです。まずは小さなハードルを越えるところから始めましょう。

例えばお弁当を、作ってくれたお母さんや奥さんに対して「ありがとう」と言ってから手に取るようにしてみるなんてどうでしょう。きっと最初は変な顔をされたり邪険にされるかもしれません。それでも続ける事が大切です。正にそれが自分で選択するという事だからです。

小さな事でも自分で選択して続けると誇りが生まれます。少しずつでも確実に続けることが最も大切な事です。

また、できない時があってもまた再度始めてください。いきなり大成功なんて事はありません。失敗する事も沢山あります。続かなくても腐ったりしないで、もう一度始めればいいんです。そもそも、そんな簡単に続けられるほどできた人間なら、このブログを参考にする事もないでしょう?自分を過大評価しない事です。

 

コントロールできない事にいらだたない

自分がコントロールできると、コントロールできない世界があることに気づきましょう。あなたは神様ではないのです。自分自身の支配者であっても、宇宙を支配する事は不可能です。諦めてください。

自分が最大限努力したとしても、結果は運命に身をゆだねざるを得ません。その切り分けができると、あなたは自分のコントロールできる世界に没頭できます。

自分の外の世界がコントロールできないからといって、イライラしてもどうしようもありません。

 

期待しない

コントロールできない世界は常につきまといます。結果を期待せず、やるべきミッションに集中するべきです。

結果を気にして二の足を踏んでいませんか?結果が思わしく無かったからといって、人に八つ当たりしていませんか?そんな無駄な事はやめてしまいましょう。結果を期待しても意味がありません。未来を過大評価し過ぎです。

人間ですから、結果に一喜一憂するのは当然ですが、そこで立ち止まったり腐ったりはしないでください。あなたの努力を「期待」なんて事で無駄にしてはいけません。

 


サラリーマンには何も無い?私がブログを始めたわけのひとつ

サラリーマンには何もない2 120827

私とSNSは縁遠い

私は2年ほど前から知識を買われ仲間とIT関連の講座を開いたりしています。

Twitterの初心者講座など開いていたわけだが、大体来る人は興味本位というよりビジネスにいかすために知りたいといった感じで、Twitterに限らずSNS関係の事でその手の質問をされるんですが、それが全く答えられない。大体聞きかじった事を教える程度しかできない。

何故かってあんまり使ってないからで。使い方は分かりますが使いこなしてなどいません。SNSはそもそも「誰かと関係したい」から使うわけで、「関係したい目的」があるわけです。

それがビジネスの場合もあれば、個人的な趣味の事もあって、なんにせよそこには「伝えたい」と「繋がりたい」という願望があります。しかし既婚で勤勉なサラリーマンのワタクシは家と会社を往復する毎日で、毎日シェアするものなどないし、繋がりも面倒なだけで持ちたくありませんでした。私にとってSNSは、大体そこそこテキトーな感じに使って、「あーこんなものね」程度のレベルなわけです。

さらに、たまたま個人事業者主体のコミュニティと関係性が深い事もあり、どえらいペースでの夢と希望でキラキラした、もしくは商魂たぎる熱い投稿がタイムラインを埋め尽くす事が私のSNS離れを助長させました。だってマジで俺の毎日なんもねーんだもん。嫁とのノロケとか投稿できんでしょ。

 

SNS、そしてブログが野望の一歩

そんな私も前々から果てしない野望を抱いていて、特に最近は貴重な週末を使ってセミナーに通い、仲間たちと起業に向けて日夜勉強するようになりました。その中で「やはりSNSの知識や経験は欠かせないものだ」という大きな問題が浮き彫りになりました。と私が勝手に思ってるだけかもしれませんが…。

このSNSというものはとても厄介で、流行り物なお陰で怪しげな肩書きの先生方の温床になっていたり、実際に活用している事例が身近にいなかったりして、誰に聞いたらいいのか分からない人が多いです。そうすると「地元の信頼の置ける有識者」という存在は正に輝ける北極星として中心的存在になっちゃうというわけです。実際未だに良く知らないのにやたら聞かれます。だーから知らないんだってば。

しかし、だからといって「じゃあすぐ覚えて使いこなす」というわけにはいかず、最初に書いたようにSNSには「関係したい目的」が必要なわけで、起業する事自体は現状その対象にならず何かしらコンテンツが必要になってきます。

そう、コンテンツ。自分が何か生み出して配信し、相手の役に立つコンテンツ。自分が大切に思っていて、それを人に広めたくて、そのために努力できるコンテンツ。それがあれば私は「誰かと関係したい」と思えるようになる。

そんな訳で全く0の所からWordpressやらレンタルサーバーやらを覚えてこのサイトを構築したというわけです。未だに良く分からん事だらけですが何とか更新できてます。まだSNSを絡めるところまで出来てませんが近い内に使えるようにする予定です。

 

この理由は3番目くらい

実はこの理由、順位としては3番目くらいであんまり重要じゃ無いんです。いや、もちろんとても大事な理由ですよ。うん。一石三鳥くらいの勢いで色んな事を得ようと思って始めた事なので、そんなもんですよ。うん。

また別の機会に、1位と2位をお話できたらなと思います。そっちは超熱い。俺って熱い男。So Hotって感じ。ご期待ください。

facebook使いこなし術 パワーユーザーが明かす「楽しむ秘訣」 (アスキー新書)
根岸智幸 アスキー・メディアワークス 2011-02-10 売り上げランキング : 301129 

by ヨメレバ
必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意
コグレマサト,するぷ インプレスジャパン 2012-03-23 売り上げランキング : 1593
by ヨメレバ


それ、ホントに安全?マジメにリスクについて考えてみた

Lisk 120820

「失敗するかもしれない」がリスク?

リスクって何か考えた事がありますか?私はこの記事を見て改めて自分の考えをまとめてみました。

あるスタートアップ起業家の妻の告白 | SEO Japan

この記事の中に、ある夫婦のこんなやりとりがあります。

“それは、君がリスクをどう定義するかによるね”と、彼は冷静に言った。“君はリスクをどう定義するの?”私は考えもせずに、“リスク”とは何か悪いことが起こる可能性だと答えた。

このリスクの定義は極一般的な解釈です。その事自体に間違いはありません。しかし、殆どの場合この定義はある側面からしか観測されていないのです。

重要なのは、ここでいう「悪いこと」とは何を指すのか、という事です。

冒険をすると失敗するリスクがある。というのが一般的な見解でしょう。が、それだけがリスクなのでしょうか?

生きていれば必ずリスクを背負い続けます。当然のことです。ですがそのリスクの重さを決めるのは個人の価値観です。そこを勘違いしてしまうと後悔を残すことになるのです。

 

常識に囚われず、自分で選択する

私は今、起業をするために準備を始めています。現状でなんとか妻と息子を養えているというのに、です。

サラリーマンとして生きる事と、脱サラして一念発起する事は今までの常識で照らし合わせれば「脱サラはリスキー」と普通は考えると思います。しかし今の世の中、会社は社員の人生の保証などしてくれない。会社が自分の定年まで存続する保証もないんです。

事実、私の勤める会社は、勤めて5年経つが給料は上がるどころか下がっています。(念のため、会社からの評価が低いので無く)

私が働き続けるこれからの35年間をこの会社に預ける事は安定した暮らしを与えてくれるのでしょうか。これは殆どの社会人の方々に言える事です。

“安定した”仕事をして過ごす毎日は、会社を築くことに費やすことが出来ない日だったのだ。

何かを選べば必ず何かを失います。その時、後悔しないために必要なのは、常識や他人の価値観に縛られて視野を狭めないことがとても大事です。

人は誰しもその自覚がないだけで、常に選択を迫られ続けています。どんなに目を背けたって必ず機会を失い続けてるのなら、いっその事向かい合って、自分のやりたい事、楽しいと思える事、後悔の無い選択を選ぼうぜ!というお話でした。

 

 

 

 

ええい、ままよ!!恥ずかしいを乗り越える、持つべきマインド

恥ずかしいと思う事って沢山ありませんか?

私は人前で失敗するのが恥ずかしくて、それを心配する余りに失敗する事が多々あります。

他にも、今までやってこなかった事に挑戦する事が、「ど、どうしたの?(^^;)」と思われる気がして後一歩の勇気が出ません。

日常の中で、これをすればきっと上手くいくはずって事は沢山あります。。

元気の良い挨拶。

気を遣った一言。

愛情を伝える言葉。

どれも大事なのは分かっている。

でも今までしてこなかったから、恥ずかしくてその一歩が踏み出せない。

 

「何かあったのかな、あの人ww」

「うわ、あいつ今日からデビューwww」

「やる気出してんじゃねーよwwww」

 

こんな風にバカにされるんじゃないかと思うと足がすくんでしまうものです。

この悪い想像に打ち勝つにはどうしたらいいでしょう?

 

想像のベクトルをかえる

悪い想像をする時、いつも周りの反応にだけ集中しているはずです。

まず想像するべきは自分の姿です。

 

笑顔で元気良く挨拶する自分…めっちゃ爽やかやん!

優しい一言をかける自分…イイ奴じゃねーか!

愛の溢れた言葉を伝える自分…なんというイケメン…

 

新しい行動に挑戦している自分はカッコいいものです。

結果は後からついてくるもの。

確かに最初から自分の思った通りの結果が出る事はなかなか無いかもしれませんが、それより何より、自分が望んだ姿になっている事の方が大事です。

 

悪い想像なんかに負けずに、カッコいい自分を大切にしましょう!

 


 

というこの記事は、いつまでもブログを書けずにいる自分の背中を蹴飛ばすつもりで書きました。

だってなんかもー人の目が気になってしょうがないじゃない!

「あいつ、こんな記事しか書けないのww」

「うわー、この文体嫌いだわ」

「あちゃー、やっちゃってるよwwこんな恥ずかしいこと書いてww」

こんな想像ばっか先にたって書けやしない…。

でもブログを書きたいと思ってたし、それをする自分の方が大切なのは分かっているので、恥ずかしいけど頑張って初投稿をしたわけです。