めんどくせー事なんかやめちまえ!タスク管理はシンプルイズベスト

やあオマエ。俺だ。

この記事は俺の魂だ。そしてオマエのための記事だ。

オマエに届けるために俺は綴る。

 

シンプルイズベスト2 121005

今日はちょっと前のシゴタノさんの記事を見ての所感だ。

シゴタノ! タスク管理が必要な理由、あるいは不要な理由

 

この記事見て「すっごい分かるわー。でもできてねー。」と思ったとこは

どう転んでも必ず仕事は定時までに終わり、それ以降の時間は完全に自由、ということが保障されているのであればわざわざ時間と手間をかけてタスク管理を行う必要はない

何を重視して何を捨てるかを明らかにすることで、たとえば、あるタスク管理アプリケーションを使おうとしたときに生じる「せっかくだから全機能を使いこなしてやろう」という誘惑を退けることができます。

ってとこで、けっこー多くの人がこのドツボにハマってるんじゃないかな。

 

 

いらんことすんな

ホントにやらなきゃいけない事って限られてて、やった方が良い事も思いの外少ない。それでも選びきれずにどうでも良さそうな事にかまけてしまう事がとても多い。それってかなり不幸な事だ。

携帯ダラダラいじったり、ズルズル面白くも無いゲームを続けたり、話したくも無いおっさんの世間話にいつまでも付き合ってる時間っちゅーのはとてつもなく価値が希薄なのに、一日のけっこーな部分を占めていたりする。

タスク管理ってこういうグチャグチャの部分を上手いとこ整理整頓していくっちゅー役割があるけど、凝り性な性格の人っちゅーかそもそもタスク管理をしようなんて思う人の大半がタスク管理の場面でグチャグチャにしちゃってんじゃねーかな。

つまり、『いらんことやり過ぎ』って事だ。

 

 

くそったれアプリなんかやめだやめだ!

俺も振り返ってみると、幾度となくタスク管理が上手くいかない事をツールのせいにしてAppigo ToDoやら2do、ToodledoからNozbeなどなど渡り歩いては戻りを繰り返すというバカみたいな事をしていたし、未だに落ち着いたOmnifocusの中でも開始時間は入れるべきかiCalと連携させるにはどうしたらいいかとか頭を悩ませる時があった。超バカ。

大体そんな事しなくてもある程度の事は上手く回していけるし、最低限絶対やらなきゃいけない事を忘れないようにリマインダーをしかけておいて、そのうちやりたいなーなんて思ってる事はメモしといて後から取り出せればいいのだ。めんどくせー事はそれができてから考えればいい。

 

iPhoneやクラウドサービスが浸透してから『できる男のタスク管理術(キリッ』的な事ってスゴい目にするようになったし、実際自分も実践して成果を得られた。でもそれをホントに継続して運用していける人って極限られたタスク管理オタクかガチンコのできる人だけだ。

俺やオマエみたいな一般人は小難しい事なんかしなくていいから、とりあえず一番コアになるシンプルなシステムだけやってりゃいーのよ。

 


0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です