それ、ホントに安全?マジメにリスクについて考えてみた

Lisk 120820

「失敗するかもしれない」がリスク?

リスクって何か考えた事がありますか?私はこの記事を見て改めて自分の考えをまとめてみました。

あるスタートアップ起業家の妻の告白 | SEO Japan

この記事の中に、ある夫婦のこんなやりとりがあります。

“それは、君がリスクをどう定義するかによるね”と、彼は冷静に言った。“君はリスクをどう定義するの?”私は考えもせずに、“リスク”とは何か悪いことが起こる可能性だと答えた。

このリスクの定義は極一般的な解釈です。その事自体に間違いはありません。しかし、殆どの場合この定義はある側面からしか観測されていないのです。

重要なのは、ここでいう「悪いこと」とは何を指すのか、という事です。

冒険をすると失敗するリスクがある。というのが一般的な見解でしょう。が、それだけがリスクなのでしょうか?

生きていれば必ずリスクを背負い続けます。当然のことです。ですがそのリスクの重さを決めるのは個人の価値観です。そこを勘違いしてしまうと後悔を残すことになるのです。

 

常識に囚われず、自分で選択する

私は今、起業をするために準備を始めています。現状でなんとか妻と息子を養えているというのに、です。

サラリーマンとして生きる事と、脱サラして一念発起する事は今までの常識で照らし合わせれば「脱サラはリスキー」と普通は考えると思います。しかし今の世の中、会社は社員の人生の保証などしてくれない。会社が自分の定年まで存続する保証もないんです。

事実、私の勤める会社は、勤めて5年経つが給料は上がるどころか下がっています。(念のため、会社からの評価が低いので無く)

私が働き続けるこれからの35年間をこの会社に預ける事は安定した暮らしを与えてくれるのでしょうか。これは殆どの社会人の方々に言える事です。

“安定した”仕事をして過ごす毎日は、会社を築くことに費やすことが出来ない日だったのだ。

何かを選べば必ず何かを失います。その時、後悔しないために必要なのは、常識や他人の価値観に縛られて視野を狭めないことがとても大事です。

人は誰しもその自覚がないだけで、常に選択を迫られ続けています。どんなに目を背けたって必ず機会を失い続けてるのなら、いっその事向かい合って、自分のやりたい事、楽しいと思える事、後悔の無い選択を選ぼうぜ!というお話でした。

 

 

 

 

1 返信
  1. みのじー
    みのじー says:

    リスクなんかありゃしない。
    自分の心持ち次第です。
    自分だけの力ではなんーもできましぇん。
    導かれて出来るんです。
    導かれるままに(自分の思慮、分別を超えた力に)進め。

    返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です